トレンチコート

ファッショナブルな洋服としてこの時期サラリーマンやサラリーウーマンが着ているのを良く見かけますが、実は、第二次大戦中に、的の砲弾から塹壕(トレンチ)のなかで身を守るための服だったそうなんですね。

これは知りませんでした。

ひとくちにファッションといいますが、襟や袖、肩、腰などところどころに工夫が凝らされていて、きちんと軍事上の理由があるんですねぇ。

目に付くのが方にあるベルト。これは、エポーレットといって階級を示すバッジをつけるところだったそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です